予防歯科

予防歯科

欧米では美しい歯並びを手に入れる事とお口の中に歯科治療の痕跡を見せない事は中流以上の暮らしをする人のステイタスです。
社会人の就職面接時にまず、歯列がきれいか虫歯の治療後が見た目にわからないかが第一関門である事をご存知でしたか?
それほど、美しい笑顔と口元はその人を演出し表現します。見た目の美しさや健康はその人が社会生活を営む上でも大事なファクターなのです。

幸か不幸か、日本の様に医療保険制度が確立していない米国社会では、医療費が高い事もあり、歯の治療費にお金をかけるより、その予防に高い意識が向けられて来ました。子供の歯列矯正は大変盛んですし、虫歯や歯周病に対する予防と治療後のメインテナンスは大変キチンとされています。これはとても良い事です。

日本人の意識には歯は痛くなってから、歯医者に行くのが一昔前の考えでした。しかし、今の人々の意識が情報化と共に確実に欧米化されて来ています。痛くなる前に行く。又、服やバッグにお金をかけるように口元への美意識も欧米化されてきました。
歯医者の意識も格段に違ってきています。歯科衛生士をメインに予防プログラムをしっかり組んでいる歯科医院は進んだ考えの良心的歯医者と云えるでしょう。

一生の内で永久歯一本の歯の治療が出来るのは4~5回と云われています。歯は治療を受ける度ごとに、削られ、小さくなり、神経が抜かれ、だんだん脆くなり、長い年月の内に終には大事な歯を消失してしまうのです。生涯、入れ歯ではなく、自分の歯で美味しく食する事、話す事、笑う事は老後の生活を心身共に大変豊かにします。

歯医者の中で自分が年老いて入れ歯になるかもしれないと恐れる人は、おそらくいないでしょう。何故ならば、歯医者は自分の歯を守る方法を知っているからです。
私達はその方法をお教えし、実践して頂くために予防プログラムを組んでいます。

予防プログラム

スケーリング(保険適用内)

約45分間の歯垢、歯石とりです。そのなかに歯ブラシ指導や虫歯、歯周病もチェックも含まれます。
歯の表面にこびり付いた歯石は歯ブラシでは落ちません。
歯石はプラーク(細菌のかたまり)の温床になります。歯石は表面が非常にざらざらしているので、プラークが付きやすくなります。これを年2回~それ以上(人によっては)取る必要があります。
しかし、これだけでは不十分です。歯の質を硬くし、より強くする事は出来ません。

フッ素塗布 上下700円(税抜き)

ごく初期の虫歯も治しますし、虫歯にならない硬い歯を作ります。 年2~3回のフッ素塗布は虫歯予防となる最良の方法の一つです。
濃度の濃いフッ素液を歯のクリーニングと共に歯医者で塗ってもらいましょう。
欧米では、歯医者にフッ素塗布のために年数回通うのは中流の方のお口に対する意識です。また、歯が生えはじめた子どもにとって、フッ素はもっとも効果的です。
大人になってもずっと使える強い歯を子どものうちから育てておきましょう。

PMTC 10,000円(税抜き)

プロフェッシナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略です。
つまり、プロが特殊な器具を使い、歯の面に付くバイオフィルムをはがすのがPMTCです。虫歯や歯周病はしっかり歯のクリーニングをする事で予防出来るのです。
繰り返し歯を削られ治療を受ける時代は終わりました。治療した後の歯をより良くメンテナンスし続ける事の方がずっと大事です。
歯の面に付着するバイオフィルムを年2~3回剥がした方とほって置かれた方の歯茎の量は後年全然違います。

バイオフィルムとはその名が示すとおり、生物に付着した微生物のフィルム(膜)です。微生物の共同体であり、あらゆる生体の表面に存在します。当然歯の表面全体にも付着しますが、プラークと違い肉眼では見る事はできません。あまり知られていませんが虫歯や歯周病はこのバイオフィルムの感染症です。残念ながら歯のバイオフィルムはブラッシングでは落とせません。PMTCによってのみ破壊することができます。