子どもの矯正歯科

子どもの矯正歯科

近年では、お子さまの顎が小さくなり、歯が並ぶスペースが足りないために歯並びが乱れるケースが増えています。
永久歯と乳歯の混合時期である小学校5年生ごろまでの矯正には、顎を広げる床矯正装置を使用します。
この装置は必要に応じて取り外しも可能なので、学校生活などに支障を与えません。 矯正を行うかどうかを検討する時期は小学校1~2年生くらいですが、幼稚園の段階で受け口になっている場合は早めのご相談をおすすめします。

矯正歯科治療で得られるメリット

歯並びが良くないと、見かけの問題だけでなく虫歯、歯周病の原因になる可能性も出てきます。矯正治療とは、一定期間、お口の中に装置を入れることにより歯並び、かみ合わせを改善し、より良い生活を送れることを目的としています。

  • 虫歯、歯周病になりにくい清潔な環境を得られる。
  • 美しい口元を得られると自分の笑顔に自信が持てる。
  • 噛みあわせが良くなる事で胃腸の負担が軽減する。
  • 発音が良くなる。
  • 顎の筋肉が均等になる事で肩こりや頭痛、顎関節症等を引き起こす原因をなくす。
  • 良く噛めるようになる事で脳の発達にも良い影響を与えるという研究結果もある。

不正咬合の種類

叢生

八重歯など歯列に凸凹がある状態をいいます。顎の大きさに対し歯が大きかったり、虫歯などで乳歯が早く抜けてしまったりすることが原因となります。歯みがきが難しいため、虫歯や歯周病になりやすくなります。また、見た目にも美しくありません。特に八重歯は欧米などでは、ドラキュラの歯として好まれません。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

上顎前突(出っ歯)

上の顎が出ていたり、下の顎が小さかったりすると咬み合わせがずれてしまいます。上の前歯が出ているために口元、横顔ともに見た目が悪くなってしまいます。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

下顎前突(反対咬合、受け口)

下の前歯が、上の歯に噛み合わず、前に出てしまっているものをいいます。下唇が突出するので見た目が悪く、前歯が正しくかみ合わないため発音が悪くなります。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

開咬

奥歯は咬み合っているのに前歯は咬み合わない状態をいいます。噛み合う歯が少ないので、奥歯に負担がかかり、顎関節の負担も大きくなります。空気が抜けてしまうため発音が特に悪くなります。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

子どもの矯正歯科治療の開始時期

治療開始に最も適した年齢は症例によって異なります。
目安として、前歯が乳歯から永久歯に生え変わり、6歳臼歯(第1大臼歯)という永久歯が出てくるころからがよいと考えます。年齢でいうと小学校2年生から3年生で始めるとよいでしょう

矯正歯科治療の流れ

STEP1.カウンセリング

治療に関する不安や疑問にお答えし料金などお支払方法のご相談にのります。

STEP2.検査

レントゲンや歯型などをとり現在の状態を詳しく検査します。

STEP3.模型作成・2回目カウンセリング

検査をもとに具体的な治療方針、期間、費用などを詳しくご説明します。ここで、又は次回までに治療を始めるかどうかを決定します。

STEP4.歯磨き指導

正しい歯磨きの仕方を教えし、口腔内の清掃を行います。

STEP5.矯正装置の装着

矯正装置を装着します。

STEP6.通院

個人差がありますが、通常1年~3年程度かかります。4~8週間ごとに状態の確認のため来院が必要です。
治療時間は1回15分~1時間程度かかります。