妊娠中の歯科治療について|調布市仙川の歯医者さん石川デンタルクリニック 仙川駅より30秒

スタッフ通信

妊娠中の歯科治療について

スタッフ通信

こんにちは。  歯科医師の小川百合子です。

今回は妊娠中の歯科治療についてお話したいと思います。  私の担当する患者さんの中には、妊娠中、もしくは子どもを考えているという方が多くいらっしゃいます。  妊娠中の歯科治療は受けられるのか、いつ受けるか、迷ってしまうと思います。歯科治療は問題なく受けられ、基本的に妊娠安定期と言われる、5~8カ月位がベストのタイミングです。

体調が安定していれば、この前後の時期でも大丈夫です。歯科麻酔もできます。X線撮影も問題ありませんが、当院では患者さんの心理的負担も考慮して、必要最低限に留めています。妊娠中はつわりがあったり、ホルモンバランスが変化するので歯肉炎にもなりやすいです。また、お母さんのお口の中を清潔に保ち、虫歯菌の活動をおさえることで、赤ちゃんへの虫歯菌の感染を防ぐことができるとわかっています。 妊婦さんにはぜひ、リラックスしてお口の悩みがクリーニングを受けてスッキリして頂きたいです。

☆まとめ☆

・妊娠中の歯科治療は可能

・安定期がおすすめ(5~8ヵ月)

・麻酔、X線撮影は可能

・クリーニングは前期と後期で2回うけましょう。